スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

試写会行ってきました。

ベンジャミン・バトンの試写会に当たったと友達に誘われて、仕事が終わった後に映画館へGO。以下はネタバレなので楽しみにしている方はスルーお願いシマス。一週間後にロードショー。

これはもうベンジャミンとデイジーの究極の愛の物語だね。どれだけ遠く離れ離れの人生を生きてても、還りつく気持ちはいつも同じ相手。人間ってあんな風に一生をかけてたった一人の人を愛し抜くことができるんだなぁ、と。そういう人に巡り合える確率ってどれくらいなんだろう…何だか羨ましいよ。(笑) 最期は老いたデイジーの腕の中で眠るように亡くなった赤ん坊のベンジャミン。子供になっていくにつれて過去を全部忘れてしまっていたのに、彼は死の間際デイジーと眼を合わせて彼女を認識する。交わす言葉もないのに分かり合えた瞬間だった。そしてそれが最期の―――。

愛する女性とやっと家庭を持てたのに、『娘には一緒に年を取る父親が必要だ』と彼は幸せな時にさよならをした。どんな想いでそこを去ったのか考えるだけでも切なくなる…;; 彼の残した日記(だったかな;;)に『父親になりたかった』と。そのたった一言に全部の想いが込められてるような気がしてもうここでボロ泣き…;; どれだけ望んでも得られないものがあって…自分の気持ちを押し付けるのではなく相手のことを一番に考えて彼は自分の生きる道を選んだ。なかなか出来ることじゃないと思う。

ホーエンハイムも人並みに年を取って愛するものと一緒に死んでいきたい、と永遠の命よりも人間になる道を望んだんだよなぁ。あぁ何か被るなー。やっぱりどれだけ生きながらえても辛いと思うんだよ。大事な人がいても皆先に死んじゃうなんて。またそういう相手を作ればいいとかいう問題じゃない。だってその人は唯一無二で、失ってしまえば代わりの人間なんてどこにもいないのだから。似た人はいても、同一人物じゃない。想いが深い分だけそういうのを繰り返してるのが辛くなると思う。トリシャもホーエンハイムと離れてしまうのは凄く辛かったと思うのね。だけど自分の辛さ寂しさよりも愛する人の気持ちをきっと誰よりも判っていたから、彼が旅立つのを引き止めなかったんだと。エドとアルも支えだったろうし。どんなことがあっても好きなものを手放せないのが子供で(まっすぐだから)手放したくないと思っていても手放さなきゃいけないこともあると受け入れられるのが大人なんだと思う。あれ?何で鋼話に…;;(脱線はいつものこと)


生まれた時は老いていて、周りの人たちはどんどん亡くなって行ったんだけど、ベンジャミンにしてみれば自分の人生の中にその人たちはどれだけも関わっていない。もちろん共に居た時間の長さだけが交友の深さを推し量るものなんかじゃないってことは承知してるけど、人生の一番幸せな時に一緒にいた彼女とは重みが違うだろうなって。最愛の人の腕の中で亡くなったベンジャミン。数奇な運命に翻弄されて辛いこともいっぱいあっただろうけど、最期の瞬間が幸せだったのなら、その人生は幸せだったと云えるんじゃないかなぁ。(少なくともあたしには彼が幸せそうに見えた)

映画は字幕で見たんだけど、台詞の訳し方が見事。いや、あたしが英語で何て云ってるかわかるとかじゃなくて(笑)美しい日本語を見たというかそんな感じ。本当に綺麗で心に響く言葉がたくさんあった。いい映画を見た後は心が豊かになる。(そして現実生活でまた荒んでくんだよ…;;)

画面の色調とカメラワークも凄い効果的だった。静かなモノローグが続くのだけど飽きることはなかった。最初は生まれた時に年寄りで、段々若返っていくという話の奇抜さに興味があったんだけど、ほんとにそれだけで済むような話じゃないなぁと。一貫しているテーマが判りやすかったので創り手が何を伝えたいのかが明確に伝わってきたし。主役の二人を取り巻く人物にもそれぞれの人生も短いながらもポイントを抑えてて、よりいっそう話に深みが出てた。

友達は『見ている最中にがーっと盛り上がることはないけど、後でじんわりと来る映画だったね』と云ってた。後半はマジで泣けた。あたしも涙が止まらなかった。エンドロールが終わったんで、話をしようと声を出そうとしたら涙声になってしまって何も話せなかったくらい…;;

3時間弱の長い映画だったんだけど、一人の人間の一生を描くんだからこれくらいないとダメだよなーと思ったり。長いだけでつまらない映画や時間の関係ではしょりすぎて一体何が云いたかったんだろうという映画もあるのだろうけど(笑)この物語はこれくらいなきゃ語りきれないと思う。中だるみとかたいくつな場面なんてひとつもなくて、ずーっと画面に釘付けだった。

観ようかどうしようか迷ってる人にはオススメしたい作品。感動で胸いっぱいだー!




[ 2009/01/29 11:51 ] 感想 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

美月

  • Author:美月
  • 【鋼の錬金術師】エドにマジ惚れ。寝ても覚めてもエド!CPはロイエド萌えv
    ノーマルは受付ません。根っからの♂×♂好き。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。