スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画鑑賞

昨日はレディースデイで1000円だったので、思い立って『NARUTO』と『おおかみこども』見に行きました。いやー泣いた!!ワ○ピで原作者監修には期待を抱いてなかったんだけど、ナルトは良かったなぁ! 以下はネタバレもあるので隠しで^^;

ナルトの映画が良かった!と思うのはやっぱり主役であるナルトを中心にして掘り下げて話を描いてくれてたから。いくらストーリー上の都合でも、やっぱり『サブキャラ』が出張ってしまうのは嫌だ。そういうのはTVアニメだけにしてくれ。映画なら主役が主役であるべき。全部のキャラのファンにいい顔したいと思うから、ダラダラと訳のわからんいらんシーンが増えたりするんだよね。ファンサービスってのもやり方を考えないととんでもなくいらないものになってしまう。その点、今回のNARUTOは素晴らしかった。あれぞファンサービスの鑑でしょ!

では感想へGOです^^


黒ナルトに惚れました…(笑) 登場した時から、声であぁあっちの世界のナルトだなぁってすぐにわかったんだけど^^ お面を取った顔の凛々しい事。邪悪なムード満載で黒髪、しかもバトル時に上半身裸('`ァ'`ァ(;´Д`)'`ァ'`ァ'`ァ)は反則だろうがぁ!エドも邪悪バージョンいいかもしれない…wwww

いっつも思うんだけど、映画版は作画の崩れがあまりなくて綺麗。登場人物もあぁいう形で出すのなら無理ないし、違和感もない。上手くストーリーに溶け込んでいたと思う。性格がまるっきり違うサスケやカカシなどに大爆笑した。あれはアレでありかな。(笑)チャラ男サスケのネックレスも『うちはマーク』だった。あのセンスは素晴らしいよ…(遠い目)サスケと薔薇…。似合うなぁw

バトルも迫力あった。ナルトが偽りでも家族と楽しそうに笑い合えていたシーンにぐっと来た。だけどいくら幸せでも偽りの世界。両親が命を掛けて守りぬいた本当の世界が、自分の居場所なんだと決意するナルトに泣いた。

そしてやっぱりミナトとクシナが赤ちゃんナルトを守るシーンには号泣した。コミックスでもダメなのよ、何度読んでも泣くから!!・゚・(ノД`;)・゚・

ただいま、といつもひとりぼっちで真っ暗な部屋に帰ってくるナルト。最後のシーンにはやっぱりイルカ先生がいて…。ほんとに彼は暖かいよなぁ。ナルト(の中の九尾)に両親を殺されているのに、まるごと彼を受け入れている。懐の深さはピカイチだ。

自分の一番好きな描写は『ナルトの心の動き』なんで、それをきちんと描いてくれた今回の映画は、今までに増していい出来だったと思う。映画館は満員で、子供も相変わらず多かった。高校生くらいの男子もね。やっぱNARUTOは人気高いなぁ。



『おおかみこども』は画面に元気が溢れててほんとに面白かった。こちらの観客は大人の男性が多くて…ちょっとヲタな雰囲気だったかも。この映画は、子を持つ母親ならかなり共感できるとオモイマス。おおかみ男の彼が唐突に早く死にすぎだったけど、物語はそこからスタートのお話なんでしょうがないよね。子供たちが元気で可愛かったです!


この2本はお勧め。ぜひ!



[ 2012/08/02 10:55 ] 感想 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

美月

  • Author:美月
  • 【鋼の錬金術師】エドにマジ惚れ。寝ても覚めてもエド!CPはロイエド萌えv
    ノーマルは受付ません。根っからの♂×♂好き。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。