スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SMILE!



昨日は社員の送別会だったんで、久しぶりにちょこっとだけ飲んできた。(笑) 冷酒がほんっとよく冷えてて旨かったなー!あと流行のハイボールも少し。レモンが爽やかv アルコールは身体があまり受け付けないのだけど美味しいと思えるから辛い…;;好きじゃなければ諦めもつくのに。(><)

で、さよならするので記念撮影大会となったのだけど、なんと最近?のデジカメにはスマイルセンサーなるものがついてるそうで。TVも見ないのでほんっとあたしって情報に疎いのですが。(><)『そんなの嘘だー!』って最初は信じなかったんだけど、使わせてもらうとなるほどマジで笑わなければピント合わせる窓が発光しない!!もうびっくりしたの何の。Σ( ̄ロ ̄) マジ凄い…感動した!

ただ、社員さんの中には笑わないオジサンもいたりするんだけど、一緒に居る人が笑顔だったらシャッターは下ります。そんで、笑ってないのに素顔が笑顔に見える人にも反応します…。(笑)逆に一生懸命笑ってるのに笑顔だってカメラが認識してくれなかったらそれはそれで辛いモノが。

タイミングを合わせるのが苦手な人にはありがたい機能だろうなー。けどセンサーはON・OFF可能なんだろうか。別に笑顔だけが目的じゃない写真だってあるから、その辺はちゃんと対応してるんだろうけど。

「カッコよく撮ってくれよな大佐!」



以下はその仕組みの解説っぽい文章を抜粋。へぇー!と思った方はどうぞ^^



まずこのカメラの特徴を一言で言うと、人が撮りたいと思うであろう瞬間を察知して、カメラに内蔵された人工知能がシャッターを切ってくれる。そういう仕組みだ。「スマイルシャッター」という。
この仕組みのコア技術は、いわゆる画像処理技術。取り込んだ画像をコンピュータ上で処理変換をして分析(認識)をする、とでも言えばいいのか。カメラの中の小さなチップのようなものがこれのエンジン部分なのだという。

デジタルカメラの業界では顔を認識する技術は一般的になったらしい。レンズを被写体に向けるとカメラのディスプレイに映った顔の部分に合わせて枠が映し出される。なるほど。スマイルシャッターは、その顔が笑っているかどうかまでを瞬時に認識する。わずかな顔の動きにあわせてディスプレイに表示された笑顔度メーターが上下し、一定の値を超えるとシャッターを自動的に切る。

この技術の原理をもっと分解していくと、笑顔と顔のパーツの動きに関する膨大なデータを基にした独自のプログラム、ということらしい。そして、この技術(頭脳)は、例えば歯が見えただけでは笑顔と認識しない。絵画の人や笑顔は本物と認識しない。さらに、人種の違いや昼夜といった様々な条件でも顔と笑顔を正しく認識し、シャッターを切る。瞬時に切るのだ。カメラならではの要請とも言える、笑顔を認識し瞬時にシャッターを切る、その正確さと早さがこの技術のコアといえる。絶好のシャッターチャンスを捉え、これまで逃していた自然な笑顔の写真を、素人でも撮ることが可能になったのだ。

(産業技術メルマガより抜粋)
[ 2010/07/16 19:14 ] 鋼絵 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

美月

  • Author:美月
  • 【鋼の錬金術師】エドにマジ惚れ。寝ても覚めてもエド!CPはロイエド萌えv
    ノーマルは受付ません。根っからの♂×♂好き。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。