スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

映画観てきた

今日は『天国への郵便配達人』を。以下は感想。






どうやら妹のお目当てはこの一本だけだったようだけど(笑)チケットが7枚セットになってて全部買わないと観られないらしいんで。

単にチケット捌きに付き合っただけのはずなのに…甘いだけの恋愛映画かと思いきや、ヒロインの演技が上手くてうっかり号泣させられちまったよ…(>_<。)  大好きでたまらない相手が自分の前から消えてしまう寂しさ辛さは、失恋を経験した人ならきっと共感できると思う。映像の見せ方もまるで絵のように綺麗だったなぁ。いやぁよくありそうな恋愛話なのに流れがこうもしっかりしてるとこれだけ見応えのある作品になるのかと目から鱗。これはいらないんじゃ?といった無駄なものがなく、見ている人を飽きさせないテンポの良さ。着眼点も新鮮で面白かった。エピソードを演じる脇役も凄く素敵で、最初から最後まで飽きることなくどっぷりと浸れました^^ 時間の長さもちょうど良かったかも。いくらいい話でもダラダラ続けられると魅力が半減してしまうかもしれない。

ぶっちゃけ一番心を動かされたのは息子を失くした父親のエピソードかもなー。(笑)和解しないまま先立ってしまった息子への謝罪の気持ちから、趣味を引き継いで空の写真を撮り続ける父親。ハナは『でまかせの息子の遺言テープ』を作成して父親をその苦しみから救おうとするのだけど、ジェジュンは『全部嘘だ』とバラしてしまう。嘘でも楽になれればそれが幸せなんだと主張する彼女と、いつまでも過去を引きずっていないで現実と向き合わなければ本当に幸せだとは云えないと主張する彼。けれどその男性は彼女の捏造した『嘘』によって長年の苦しみから開放され、一歩前に進めるようになった。三者三様の想いが上手く絡み合っていたように思う。

数日後?訪ねてきたハナに、今までは義務のようにシャッターを押し続けてきたけれど、そのことがあってから息子と会話をするように押す事ができるようになったのだと男性は云った。同じ空の写真でも前者と後者では違う写真になってるだろうな。そこまではフォローされてなかったけど。

そして騙されたことで彼女を責めるでもなく『自分のためにそこまでしてくれてありがとう』と云える男性にもじーんときた。普通はね、心の一番深くて痛い場所を赤の他人に探られて怒ると思うんだよね…。何でそんなことするんだ!って。でもちゃんと相手の気持ちになって考えてあげられる、そういうところがオトナだなぁと。

最後の方(後日談)はちょっと蛇足かな?と個人的には思ったかな(><) あたし的には感動の再会で終わった方が余韻があってよかったんじゃないかなと。あまりにもベタすぎる展開なんで(笑)説明しすぎるとちょっとクドイかなって思っちゃう。シリアスなはずなのにふざけた神様とか出てきてちょっとギャグ?って感じのシーンはあったけど、やっぱり可愛い女の子や綺麗な男のヒトは見てて目の保養っす。(*´∇`*) 


久しぶりの心温まる映画だった。次はゾンビのをレイトショーでひとりで観に行くぞ…!



[ 2010/05/30 23:45 ] 感想 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

美月

  • Author:美月
  • 【鋼の錬金術師】エドにマジ惚れ。寝ても覚めてもエド!CPはロイエド萌えv
    ノーマルは受付ません。根っからの♂×♂好き。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。