スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

怖っ;;

最近映画観てないなーってことで急に思い立って行って来ました。明日が最終日だってことで『パラノーマル・アクティビティ』を。以下は感想。




いやー!マジ怖かったよ!!久しぶりに怖い想いさせていただきました…。某3D映画とは比べ物になんない。(まだ云うか…笑) 最終日イヴ、しかもレイトショーってことで人がいないの何の。あたし入れて5人ほど…まぁまぁ広い映画館なんだけどねー。それが怖さを倍増させてるっつーか。CMでこういうのやるって知ってた時に機会があれば見に行こうかなって思ってた程度なのにすっかり楽しませてもらった。

ストーリーとしてはそんなに云うほど怖さ目白押しってことはないのだけど、それが却って新鮮だった。今まで『これでもかこれでもか、どうだ!』っていうツクリモノっぽいのに散々慣れてたんで、こういうじわじわと静かに押し寄せる恐怖ってのは原点だよね。相手の姿が見えないってのがこんなにも妄想駆り立てて怖いもんかと。最近何観ても怖い思いとかどきどきすることなんかなかったんだけど、久しぶりに固まっちゃってドキドキした…;;

こういったカメラワークの作品、あたしは観た事がないんで余計に…。最初は画面が定まらないんで見づらいなーって思ってたんだけどそのうち慣れてきたかな。(><) 撮り方とか音響効果がほんと怖かった。観てる内に、あれ?これってフィクションなんだっけ?それとも実際あった事件なのか!?と何度も考えちゃうくらいリアル。(心霊現象とか信じてる人なんで;;)なんて事ない日常にありえそうなってところがまた怖い…。ドキュメンタリーだったらあーいうところでカメラ回さないだろうとか不自然だってレビューもあったけど、それはそこ映画なんだから観客に観れるようにしないとわかんないじゃん。(笑) そういう細かい揚げ足取りなんかしないで、怖いという感覚を素直に楽しもうよ。たまには何も深く考える事なくスパッと『怖かったなー!』だけで終わる映画もいい。


怖いもの知らずのミカ(もうこの人の名前連呼するのやめてってマジ思った…笑)にも驚きだけど、まさかあんな結末が待ってようとは。血のりってカラーよりモノクロの方が怖いってこと初めて知った…。エンディングロールも一切なしで音楽もなくて、あれ?これで終わりなの?って思う位あっけないものだったけど、本編の余韻をきちんと引きずれる時間を創ってるのには恐れ入りました。お見事!

話自体はシンプルなもので、物足りないとか退屈だって思う人もいるようだけどあの迫り来る恐怖はDVDレンタルなんかじゃなく音響効果抜群の映画館で観るべし。人間、度重なる恐怖には慣れてきてしまう生き物なので(笑)一番のハイライトでどーん!とイッパツだけ持って来る創り方には感心した。ひとりじゃなかったらたぶん大声で叫んでたと思う…(遠い眼)

映画館にいると非日常の空間に入り込める気がして心地いいな。暖かくなったらもっと観に行こう。とにかく今日は寒かったんで…orz


[ 2010/04/07 23:56 ] 感想 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

美月

  • Author:美月
  • 【鋼の錬金術師】エドにマジ惚れ。寝ても覚めてもエド!CPはロイエド萌えv
    ノーマルは受付ません。根っからの♂×♂好き。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。