スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

沈まぬ太陽

イキナリ思い立ったんで『沈まぬ太陽』観て来ました。原作に興味はあったんだけど読む機会がなくて…;;(分厚い本だなーって記憶が) これは絶対観るぞ!と決心してたんだよね。でも上映時間3時間越えるってことに映画館へ行ってから知った。(笑) 前回ががっくりだったんで今度は見応えありそうだと期待。途中で10分休憩があるのなんて初めてだよ。(笑) あーでも休憩なんかしなくても一気に観たかったくらい素晴らしい作品でした…感動!!以下は感想です。語りつくせない感いっぱいだ。







大まかな筋は知ってたんだけど…やっぱり映像はものすごくショッキング;; 広い会場にひたすら並ぶすごい数の真っ白な棺桶、遺族の叫び。昨日までいつもと同じ普通に生きてて、明日も必ずあると信じてた大事な人が突然いなくなる。事故ってそういうもんだと理屈ではわかってるけど…。飛行機が落ちていく間、自分はこれから死ぬんだってわかる瞬間、乗客はどんな想いでそこにいたんだろう…。

豪華俳優陣の演技が上手いの何のって。さすが実力派。そんなにずっと出番があるわけでもないのに存在感は絶大。台詞とか言葉がめちゃくちゃナマなんだよね…。直接心に訴えかけてくる。もうしょっぱなから泣いちゃってどうしようもなかった。

内容は大企業に属する一人の男の生き様と戦い、家族と自分の生き方との葛藤が描かれた作品。これだけのものを描くにはそりゃ時間掛けなきゃダメだろうよ。話の構成や締め、台詞、見せ方のどれもが本当に素晴らしくて…あぁ観てよかった!絶対お勧めなんで迷ってる人はGO。命とは人とは―――そういうことを考えさせられる作品。

エンディングがこれまた凄くイイ曲&いい歌詞で感動の追い討ち。(英語の発音綺麗だったんで最初は日本人だとは思わなかった) 福原美穂の『Cry No More』はぜひじっくり耳を傾けて欲しい一曲。

終盤にかかるところの台詞はどれも重みがあって心に残った。自分の出世のために共に戦った仲間を裏切って会社側に寝返った行天に『寂しい男になったな』と云える主役・恩地の懐の深さ。彼は世界中のあちこちに転勤(左遷)させられたんだけど、狭い日本にいるだけじゃそんな風に思えなかったのかもしれない。最後のシーン、アフリカの広大な大地に沈む真っ赤な夕陽がものすごく印象的だった。あんな人が会社のTOPに立つべきなんだけど、世の中ずるがしこい人がオイシイ想いばっかしてんだろうなーと思うよ…。でもやっぱり最後は爽快。(もうここの場面見せ方とかコマの止め方とかマジ凄い!) 恩地と行天、まったく違うタイプだからこその相乗効果も面白かった。もうほんと出演者全員が主役といっていいくらい。

家族全員を亡くした初老の男性がお遍路の旅路に出てる時に送った恩地の手紙が忘れられない。どんなに悲しみに寄り添おうとしても彼は所詮当事者にはなれない。だけどどちらも背負っていくものはある。気持ちが本物だからこそ、何年経っても色褪せないし通じ合える心があるんだと思う。

あー原作読んでみたくなったなぁ。云いたい事いっぱいあるのにやっぱりここでも言葉が出てこなくて悔しい。いろいろ不足ですみません;; 




[ 2009/10/30 01:37 ] 感想 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

美月

  • Author:美月
  • 【鋼の錬金術師】エドにマジ惚れ。寝ても覚めてもエド!CPはロイエド萌えv
    ノーマルは受付ません。根っからの♂×♂好き。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。