スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

火の意思を継ぐ者

NARUTO&KAKASHI
劇場版NARUTO

仕事が終わってから見れる時間が明日で最終なので(子供向け?アニメは最終上映時間が早いの何の;;)今夜思い立って観て来ました。ネタバレなので隠しで。


まずは声を大にして云いたい。こ、これはカカナル映画だったのか!もしくは卑留呼×カカシ?(笑) もー台詞のひとつひとつが腐った変換されて…萌えはなくても習性ってのは怖いなー。

そうかなそうかなーと思って観てたんだけど、最後の最後に公認されてました。いや、いくらオチとは云え公式でそれを持ってくるのはどうなの…。(笑) まぁでもハマってる人は大喜びだっただろうなぁ。あたしはジャンルがNARUTOの時にはサスナルサスだったんだけど、大好きな作家さんがカカナルだったんだよね。(笑)なのでちょっとだけ本(CPだけどEROなし)も持ってる。萌えはしないけど(笑)話がものすごく上手くて…。あの独特の世界観もちゃんと生かされててキャラに崩れもなくて純粋にサブストーリーとして読めるってことでマジ尊敬してました。二次創作の同人読んでて一番嬉しいのは『このキャラはこういうことするだろうし、言うよねきっと!』ってのなんだけど、そういう本だったんで大好きだった。ハッピーエンドでもそうでなくても、こういう話が読みたかったんだ!って本に出会えるとほんと嬉しいし幸せ&満たされた気持ちになれる。

あーまた脱線してしまった…映画の話に戻ります。(笑)

と、とにかく時々出てくる仔カカシがめっちゃ可愛かった!!アニメNARUTOはほんと初期の頃しか見てないので、動いて喋ってるオビトは初。イメージどおりだった。大好きな第7班の鈴のエピソードも思い出話としてあって、その中にサスケもいて嬉しかったv

そんで何より感心したのが絵に崩れがないこと。クオリティはめちゃくちゃ高かったです。画面が広いので奥行きのある風景も大パノラマの迫力。さすが劇場版。ここぞという時のナルトのUPは思わず見惚れてしまうほどキレイでした!もーすんごい上手くてため息!!

ただ残念なのは敵キャラの子分3人。弱い…弱すぎる。いくら凝ってても所詮雑魚デスカ。強いぞ!ってのは全面的に押し出してるんだけど、ただ暴れてるだけというか見せ場がないっつーか。特長とか個性を出してるのは認めるけど何せ魅力がない。ヘンタイっぽいキャラデザなのも何だかなぁ…(笑) 主役に倒されるだけの敵にそういうのを求めちゃダメなのかな。うーん、やっぱ心に何も残らなくて、あんたたちは何だったんだって感じです。(笑)

それにしてもテンテン最強。そしてシノは自分が地味で目立たないキャラであることに怒りを感じてるんだってことも知った。意外だ。(笑)

今回はNARUTOに出てくるキャラを全員活躍させるための話だったようで、バトルメインでした。そーいうの好きじゃない人には退屈かもしれないなー。何が言いたいのかをこれでもかと何度もストレートに強調するのっていかにも子供向けな感じがする。わかりやすくていいんだろうけど大人には物足りないっす。(><) 観てるうちに、台詞の中で『あぁこれがこの話の一番の核なんだ!』ってぱっとわかる瞬間が大好きなんで…目から鱗っつーかそういう話が好き。

思いは皆同じで互いに分かり合えるはずの仲間でも、選ぶ道が違ったり互いに譲らないままだと戦うしかない。戦いは自分が正義だと信じ主張する事から始まるんだから。でもナルトは行く先を阻もうとするシカマルにちゃんと言葉で伝える事ができた。彼は無鉄砲だけど、諦めない頑固さと自分の信念を貫く強さを持ってる。一生懸命で純粋なとこがすっごく彼らしいなぁと。必死の涙には思わずぐっと来た。

ナルトやシカマルが連発してた『大事なものをこの手で護る』って言葉。本当はすごく重みのある言葉なんだろうけど、あまりにも多用しすぎて軽い感じがしてしまった…;;

ラストシーン、カカシが瀕死の卑留呼を抱えて云った言葉が全部なんだろうなと思う。自分は何を間違ってしまったのか、と尋ねた卑留呼に、カカシは『孤独を選ばずに仲間と繋がる事を選ぶべきだった』と云った。

でも繋がりたくても方法がわからない人もいると思うのね。頑張って努力しても相手がわかってくれるとは限らない。信じて進んだ道が間違っていたとして、そのことを気づかせてくれる相手に出会えないままの人だってきっといると思う。そんな人にはこの言葉を『そうですか』って受け取ることができるのだろうか…。

卑留呼は自分には忍の才能がなかったから、何とか強くなりたいと他人の力を取り込む術を完成させようとしたみたいだった。彼はひとりが寂しかったんだろうか?強くなれば人に認められ仲間が出来ると思ったのか?彼が本当に欲しかったものは何だったんだろう。そのあたりの描写がもひとつ掘り下げられてなかったので残念に思う。バトルを減らしてもそういうところに力を入れて欲しかったな。あーでも時間の関係でそこまで描ききれなかったのかも。

敵キャラの描写が深いほど話も深くなる。ただ主役の行く手や目的を阻んでやられるだけの雑魚ばかりじゃ物足りない。あたしがハマるのは敵キャラが凄くよく描けてる作品なんだな、と改めて思った。


最後の最後に憧れの夢にまで見たNARUTOの火影姿(公式)が!!すっげーカッコいい!!もうアレを拝めただけでも映画観に行ってよかったと心底思えた…。4代目そっくり、さすが親子。ジャンルがNARUTOだった時はよく描いてたなー。懐かしい。漫画はきっとNARUTOが火影になって終わるんだろうな。

サスケが出てこないので二の足踏んでたんだけど、どうやらカカシセンセが危ないってことで(それだけに心を揺り動かされる)やっぱ観に行こうと決心。あたしってつくづく大好きなキャラが危ない目に会うのが好きなんだな…。(笑)

『合成獣(キメラ)』という台詞を聞くたびに『鋼』に思いを馳せる。NARUTOでこの単語を聞けるとは。やっぱりエドから離れられないようで。

[ 2009/08/20 23:20 ] 感想 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

美月

  • Author:美月
  • 【鋼の錬金術師】エドにマジ惚れ。寝ても覚めてもエド!CPはロイエド萌えv
    ノーマルは受付ません。根っからの♂×♂好き。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。