スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

心地いい空間

記事が1000を突破。我ながらよく書いたもんだ。日記は中学生の頃からいろんな形でつけてるので、もう習慣みたいなもんかな。当時の日記を読み返すとほんと青臭くて嫌になる。くだらないことでよくもあんなに悩んだものだ。(笑)友達関係とか恋愛とか。でもほんとに真剣だったんだよね。まぁそんなでもそれがあたしの歩いてきた道なんだし、ちょっと感慨深かったり懐かしかったり。表面的なことは変わっても根本的っていうか基本的なものの考え方は今もあの頃とさほど変わらないな、とつくづく思う。それがいいのか悪いのか自分にはわかんないけど。

年度末。仕事の疲れが積み重なってるようで肩凝り悪化…腕が痛くてキーボード打つのが辛い。花粉症と食生活が酷いのと睡眠不足も祟ってるようで(自覚あり)限界MAX。引き篭もってばかりいるととことん堕ちてしまうので、ここらで発散しないとなー。

ってことで映画。
あたしは時々思いついたようにレイトショーを観に行きます。友達と感想を云い合うのは好きだけど、観る時はどっちかってーとひとりが好きかもしんない。すんごく集中できるしあのどっぷり感が何とも心地イイんだよね。大きな画面と真っ暗な空間。周りに人がいたとしても数えるほどなんで彼らの存在はすっかりあたしの頭の中から消えてしまう。だから人の少ない夜中の劇場がいい。人気のある作品はなかなかひとりというわけにはいかないけど、真夜中にひとりきりというシチュエーションも何度かあったり。何かね、自分だけのためにフィルムが回ってる!ってのがVIPみたいでねー。(笑) ちょっと怖いけど;;それはそれで貸切ってことで良し!!毎度のことながら感じたこと全部を文字にするのは本当に難しい。ボキャブラリ不足は否めないなー;;

で、今夜は『ワ○キューレ』を観に行った。ネタバレなので隠しで。



いや、単にトム・クルーズがオトコマエなんで好きな俳優さん&軍服萌えという不純な動機からなのですが。(笑) 思ったよりドキドキハラハラしてしまいました…。まるで主役になった気分。もう何度息を殺したことか!!舞台がナチスドイツということでミュンヘンなぞ出てきたり、微妙に劇場版鋼を髣髴とさせるものがあった。オマケに台詞で大佐大佐と連呼されることが多く、片目と来りゃもうシャンバラ!?みたいな。共通点が多くて萌えたりどきどきしたり。(バカだ…;;)まぁそんな戯言は置いといて。

時代の流れの前では人は無力だ。それでもそこであがこうと努力する人もいる。上手くいくかどうかは行動してみないとわからない。卓上の理論じゃなく実際に行動する事の意義。誰かがやってくれるだろう、じゃなく自らが実行する勇気と固い信念を持つのは並大抵のことじゃない。どっちに勝利の女神が微笑むのか。最後まで息を呑む展開だった。

信念があってそれを命を懸けて貫こうとした人々と、自分の命が何よりも大事でそのために打算的な考えから抜け出せない人々。対照的な彼らの明暗はくっきりと分かれた。『国民は自分たちを忘れない』―――銃殺されたシュタウフェンベルク大佐が言い残した言葉。彼が死んでもその思いは同志によって引き継がれる。死を目前にしても自分の良心に従って行動したことを悔やむことなく堂々としていた。最期の最期まで大きな力に屈することなく自分の正義のために戦った彼を凄い人だなと思う。だけど死の瞬間、脳裏に浮かんだのは愛する妻の姿だった。それが何を意味するのか…何だか割り切れなくて切なくて、やっぱり涙…;;

普通に幸せに暮らすことが許されない時代があった。今、世の中で何かと嫌な動きがあって(連日の某国の『衛星』打ち上げのニュースとか)そういう記事を読むたびに平和が当たり前なんて思っちゃいけないんだなと思う。戦争が他所の国の出来事だって傍観者でいられる時代がいつまで続くんだろうか。それでも平和を願うだけであたしには何もできないんだろう。国を守ってくれる人がいるから安心して暮らせるんだってことをちゃんと考えさせられた映画だった。戦いってのは、どちらも自分の正義を信じて一歩も引かないから衝突して起こるもの。皆が幸せに平和に暮らしたいという思いは同じはずなのに。

『何が間違っていて何が正しかったのか。それは後の時代の人々がジャッジを下すこと。自分たちにできるのは、その時に正しいと判断したことだけだ』という剣心の言葉を思い出した。

正義の名の下に銃殺を行う人。それも任務なのかもしれない。特別な状況下では平常心を失わないと精神に異常をきたしてしまう。だから自己防衛が働いて、どんな残虐なことをしても何も感じなくなってしまうと聞いたことがある。でもやっぱり人間は心のある生き物で。たとえ戦いが終結したとしても、その人の戦いは一生続く。人を殺したという事実や大事な人を失うという辛い想いを背負って残りの人生を歩まなきゃいけない。生き残れたことは幸運だけど、勝利した方も負けた方もそれぞれ心に深い傷を負う。それでも戦争はなくならない。人は愚かな生き物だとラストが云ってたけど(また鋼に戻る)ほんとにそうなのかもしれない。だけどそうじゃない人もいる。人間ほど複雑な生き物はひとくくりにはできないし、しちゃいけないと思う。

すみません、なんだかまた脱線大王になってしまった…何が言いたかったんだ自分…(><) あぁそれにしてもトムはマジかっこいいっす…軍服姿もすごく決まってて素敵だったなー。あの真っ直ぐな眼に惚れ惚れするv (結局そこか!)
[ 2009/03/29 00:32 ] 感想 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

美月

  • Author:美月
  • 【鋼の錬金術師】エドにマジ惚れ。寝ても覚めてもエド!CPはロイエド萌えv
    ノーマルは受付ません。根っからの♂×♂好き。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。